実績紹介

2018年3月
がん治療「重粒子線センター」開院患者支援
がん治療「重粒子線センター」開院患者支援
概要
大阪国際がんセンターの隣接地に最先端がん治療施設「大阪重粒子線センター」(大阪市中央区)が3月にオープンしました。重粒子線がん治療は、限局性の固形のがん治療に適しており、がんの近くにある正常な重要臓器への照射を避けることができる治療法です。
大阪府は、当センターの開院にあわせて、公的医療保険の適用とならない重粒子線がん治療の費用負担を軽減するため、府と連携する金融機関の専用ローンを利用し、治療費を借り入れた利子分を負担する事業を創設しました。
取り組み
公明党府議団はこの治療法に以前から着目しており、府議会の質疑の中で重粒子線治療施設の早期開設を迫り、府から前向きな答弁を得ていました。 また、2017年9月定例会の代表質問で大橋章夫政調会長(枚方市選出)は患者の負担軽減策の創設を提唱していました。
  • 公明党 大阪府本部
  • 公明党 本部
  • 大阪府
  • 大阪府議会
  • 育児助成金白書
  1. ホーム
  2. 実績紹介
  3. がん治療「重粒子線センター」開院患者支援